夏だからこそ気になるあそこのにおい

普段はそこまで気にならないのに、夏が近づいてじめじめとして汗をよくかくようになると、気になるのがあそこの臭いです。

何気なく部屋でくつろいで、あぐらをかいて座ったりすると、自分であの独特のデリケートゾーンのにおいを感じる時があります。

どうしてかこんな匂いがしてるのかと驚きますが、汗をかいてじめっとした下着のまま、取り換えられないでいるとあのあそこの独特のにおいを感じるようです。

sen

デリケートゾーンに使える塗って香りをふせぐ商品を使ったこともありますが、
何となく、シャワーも浴びていない仕事の合間などには、上から塗って使うのには抵抗があります。

その商品も、あまり使いすぎると、肌に合っていなかったのかかぶれて痛い思いをしたこともあります。

自分で自分のあそこのにおいに気が付くくらいですから、デートの時や、部屋でくつろぐ際に相手に気づかれないか気になってしまいます。

夏場はショートパンツや素足だったりで、ただでさえ汗を吸収してくれる生地がないわけですから、普通に話していても自分のにおいが立ち込めていないか気になってしまいます。

もちろん、あそこの臭いに関してはお互い様でしょうから、相手のあそこのにおいにウッとなることもあります。

ですが座っている姿勢の彼の顔の高さを、お茶を出したりするときに通るのにも、あそこのにおいがしていないか気になります。

この時期特有の悩みではありますが、いい解決方法はないのでしょうか。